スポンサーリンク
スポンサーリンク

Macbook Pro13インチをまた買ってしまった。14インチにしなかった理由は…。

MBP M1Apple関連
この記事は約3分で読めます。

先日、10月18日(ハワイ時間)に新型Macbook Proが発表されました。
今使っているMacbook Proは2020年5月モデルなのですが、M1チップではなく従来のIntelモデル。13インチは中身が違うだけで外見等もすべて同じなのですが、どうしてもM1チップ搭載のモデルを使ってみたかったので14インチが出たら買い替えしようと…。アップルのイベントでは予想されていた通り14インチも発表されデザインも一新されいざ買い替えをしようかと思ったのですが結局、13インチに買い替えてしまいました。値段が思ったよりも高く、ここまで高スペックのものが必要か?と思いとどまり2020年11月モデルの13インチへの買い替えとなりました。

スポンサーリンク

13インチにした理由

14インチが発表されいろいろと比較をして、結局13インチにしたのですがその理由が
・14インチは思っていたよりも少し高い!買えないことはないけれど…。
・バッテリーの持ちが13インチの方がよい(下は表はインターネットを使用時のバッテリー駆動時間)
・13インチの方が少し軽い
・14インチは画面にあるノッチがいまいち気に入らない、上に表示されるメニューの邪魔になりそう?
・14インチの高スペックで動かすアプリを持っていない
・タッチバーを使いたい

13インチ Intel
  • 値段 安い
  • スペック 低い?
  • バッテリー 10時間
  • 重さ 1.4Kg
  • タッチバーあり
13インチM1
  • 値段 安い
  • スペック 少し良い
  • バッテリー17時間
  • 重さ 1.4Kg
  • タッチバーあり
14インチ
  • 値段 少し高い
  • スペック 最高
  • バッテリー11時間
  • 重さ 1.6Kg
  • タッチバーなし

14インチの方が優れているし画面も大きくなり使いやすそうでしたが、一番の決め手はバッテリーの持ちで決めてしまいました。普段使う分にはあまり高スペックの物は必要ない、でもM1マシーンを試してみたいということで13インチM1モデルへの買い替えとなりました。

2020年5月モデル Macbook Proからの買い替え

新し?Macbook Proですが箱のデザインが変わったこと以外は同封されているものもすべて同じでした。もちろん本体も全く同じ!

MBP Intel
MBP M1

左がインテル モデルで右がM1モデルの箱です。
そして現在使用中のMacbook Proは娘へと、娘の使っているMacbook Airは妻のところへローテーションすることに。

セットアップ

前回も箱だしをしたので全く同じですね。
セットアップについても移行アシスタント経由でデータの移行を行います。
前回かなり苦戦をしたので今回は迷わずタイムマシーンを選択。
詳しい手順は⇩を、前回の苦戦した内容です。

今回は自分のMBPを設定する前に、まず娘のMBP、そして妻のMBAのデータ移行を行うということで1日かかりのセットアップとなりました。

使用感の違いは

新しいMacbook Proを使った感想ですが、まったく同じものなのであまり大きな感動もありませんでしたが、やっぱりM1って早いですね。Safariの表示が早くなったような気がします。またアプリの立ち上げも以前と比べるとやっぱり早いですね。そして動画編集ソフトは噂通り早いと思います。ただまだ使い込んだわけではないので何とも言えませんが。そして今までウィルススキャンをすると必ずファンが回っていたのですが、M1マシンは回りません。とりあえず今まで使っていたアプリはサクサクと動いています。当分はこれで満足することにします。来年?再来年には13インチがなくなるかもしれませんね?その時には14インチに買い替えよう思います。その時にはもう少し買い替えしやすい価格になっていることに期待をして!

コメント

タイトルとURLをコピーしました