スポンサーリンク

ハワイの携帯契約をAT&TからT-Mobileへ乗り換え。手続きは

この記事は約8分で読めます。

以前から乗り換えようかどうしようか悩んでいた携帯の契約。ハワイではAT&Tの方が電波が強くカバーしているのも広範囲、Data通信には定評があります。でも少し高め?それと日本への一時帰国の際、ローミングが無料で出来るという言葉につられとうとうT-mobileへ契約を変更することにしました。その手続きについてご紹介。

スポンサーリンク

iPhoneが3台、そのうちの2台はまだiPhone代金を毎月支払い中だけど….

我が家にはiPhone 7 Plus、iPhone x、iPhone XSの3台がありそのうち X、XSはまだ支払い中。
なので支払いが終わるまではT-mobileへの乗り換えは難しいと思っていたのですが、お助けプログラム 【 Carrier Freedom】というのがあることを発見!早速これを使って乗り換え、新しいiPhone11とiPhone PROをゲットすることに。

Carrier Freedomって

他社から乗り換える場合、最大で5つのライン対しに1つのライン$650までT-mobilがiPhoneの未払い分をカバーするというものらしい。そして現在使っているものは下取りに出し新しいiPhoneをT-mobileから購入することが条件、下取りに出したiPhoneに応じた下取り価格が新しいiPhoneへ頭金としてクレジットされる。何とも素晴らしいオファーです。
でも実際はどうかというと。

・iPhone Xの場合

現在残っている支払残高 $238
下取り価格が$275
ここからが問題、 内容をよく聞くと支払金額から下取り金額を引いた金額がもらえ、下取り価格は新しいiPhoneへクレジットされるというものでした。したがって
$238 – $275 = $-37となり支払金額は$0となる。$275は新しいiPhone11の頭金として計上。

iPhone XSの場合

現在残っている支払残高 $612
下取り価格が$335
$612 – $335 = $277となり$277が支払われる。$335は新しいiPhone Proの頭金として計上。

結果はどっちが得?

AT&Tへは解約するためにiPhoneの残金を支払いをしなければならない。$850
そしてT-Mobileから受け取った金額は$277、差額の$573は自己負担となる。
でも2台のiPhoneの下取りが頭金となるためiPhone11($699)は$424 24回払いで毎月$17.67、iPhone Pro($999)は$664となり 24回払いで毎月$27.67となり、2台で$45.34。
AT&Tでは毎月2台で$68払っていたので月々の支払いは少なくなりますね。ただ$573の自己負担は厳しい!結果はiPhoneの残金が下取り価格より多く残っている場合はお得!でも下取り価格が高い場合は損得なしですね。特に、残金が$650に近ければ近いほど得になります。

そして支払い済みのiPhone7 Plusは?

ここで最後に残った3台めのiPhone7Plus、これはすでに返済終了しているのでCarrier Freedomの対象外で、違うオファーを併用することが可能とのこと。
オファーの内容は下取りに出すとiPhone11が無料でもらえる。

AT&TとT-Mobileのプランの違いは

ここが変更したい一番の理由でした。AT&Tの方が電波が強く安定しているのですが高い。
現在のプランは3台で12gbのデータ通信、電話、テキストは無制限で$127、2台の支払いを入れると毎月約$195です。
T-mobileは現在プロモーションで3rd Line free(2台の契約料金で3台目が無料)で3台無制限、データ通信、電話、テキスト含めて$140、2台の支払いを入れると約$185となり$10下がることに。そして最大のメリットは日本でもテキストが使える、データ通信が遅いけれど無料。

移行するに当たって必要な手続きは

色々と考えてT-mobileに乗り換えた方が得という結論に。
で、早速手続きを行う事にしました。実際はWEB上でもできるのですが念のため店舗に行って手続きを行う事に。念のため店員の方にもう一度説明を受けいざ申込みとなったところで在庫なしだって。その日は取り置きを頼んで帰宅。店舗でオーダーして自宅に届けてもらうこともできるのですが携帯番号をそのまま引き継ぐタイミングやペーパーワーク等でもう一度立ち寄らなくてはいけなくなるので取り置きをお願いすることにしました。
肝心の手続きに必要なものは、AT&Tの最新の請求書と下取りしてもらうiPhoneのみでOKとのことです。

1ヶ月経っても欲しいカラーのiPhoneが入ってこない…その間にプロモーションも終了

Webショップでは欲しい色がオーダーできるのですが、店頭にはなかなか入荷せず、1ヶ月経ってもiPhone11 128GBホワイトとiPhone Pro 64GBシルバーが入荷しない状況で見通しがつかないとのこと。そのうちに3rd Line Freeのプロモーションも終了。代わりに4th Line Free(4台目の料金が無料)のプロモーションに変更。店頭に連絡し3rd Line Freeプロモーションが再開されたら連絡して欲しいとお願いし待つことに。年内はむりだと諦めていたところ1週間後に再開されたとの連絡があるではないですか! 約3週間で希望のプロモーションが再開されました。又別のプロモーションとして新規契約で古いiPhoneを下取りに出す場合は最大で$700のクレジットがもらえるとのこと。ということで当初予定していた【Carrier Freedom】での乗り換えを変更することにしました。

3台のiPhoneを下取りにそして$1,900のクレジットをゲット?実際は…

新しい乗り換えプランでは、iPhone11は無料、iPhone Pro、Maxは$700のクレジットがもらえるらしい。【Carrier Freedom】では支払いの残高しか戻ってこないので、全て払い終えてから下取りさせた方がどう考えてもお得です。ということでiPhone XとXSを一括払いで払い終えることに。2台で$765でした。結構きつい出費!でもこれで$1,900がもらえると思ったら我慢してなんとか返済完了。

下取り価格は結局いくら?

まずいただけるクレジットはiPhoneの機種によって違うとのことです。
・古いiPhone7Plus 128GB は$500のクレジット
・iPhone X、XSはそれぞれ$700のクレジット
そして実際にどのように月々の支払いに反映されるかが問題。

iPhone XでiPhone11(64GB)を購入する場合

iPhone Xはクレジットが$700なのでiPhone11はただになる?と思ったら実際は毎月の支払いが発生することに。
iPhone Xの現在の下取り価格は$245(1ヶ月で$30も下がっている!)、差し引いた$455がクレジットとなる。
そして $455 ➗ 24ヶ月 = $18.95が毎月クレジットされる、iPhone11 64GBの価格が$700、24回払いで毎月の支払額は$29.16、クレジットされる$18.95を差し引くと、毎月の実際の支払額は$10.21

iPhone XSでiPhone Pro(64GB)を購入する場合

iPhone XSもクレジットは$700、そして現在の下取り価格は$305(1ヶ月で$30も下がっている!)、差し引いた$395がクレジット、$395 ➗ 24ヶ月 = $16.45が毎月のクレジット、iPhone11Pro 64GBの価格が$1,000、24回払いの毎月の支払額は$41.66、クレジットされる$16.45を差し引くと、毎月の実際の支払額は$25.21となる。

iPhone7PlusでiPhone11(128GB)を購入する場合

ますクレジットが$500、現在の下取り価格が$118、差し引いた$382がクレジットとなる。そして $382 ➗ 24ヶ月 = $15.91がクレジット
iPhone11 128GBの価格が$750なのですが、ベースモデル(64GB)以外の機種は差額を前払いになるようです。そのためベースモデルの定価$700で算出となるようです。
24回払いで毎月の支払額は$29.16、これに上の$15.91がクレジットされるので実際の毎月の支払額は$13.25となる。

下取りの料金はどうなる?

このままだと下取りの金額が無駄になるような感じですが、それぞれの下取り金額、$305、$245、$118の合計金額$668がアカウントにクレジットとなります。
また、購入時にはiPhone3台分の税金、セットアップ料金、SIM代金、iPhone11 128GBの差額$50の合計 $257が支払いとなりますが、アカウントにクレジットされた$668でカバーされるため購入時は支払いはゼロでした。また、残りの$411はそのままアカウントにクレジットされ、アクセサリーの購入や毎月の支払いに充てることができるとのことです。

店頭での手続きは簡単!でも時間がかかるので注意!

今回、店舗から連絡を受けてその日の午後6時過ぎに立ち寄りかかった時間は3時間ぐらいかかりました。ペーパーワーク等で1時間。そしてiPhoneのデータ移行で2時間。そのうち古いiPhone7PlusはIOSが古いこととメモリーが少な炒め移行ができず自宅で1ヶ月前のデータをリストアーすることとなってしまいました。また手続きに必要なのはAT&Tの最新の毎月の請求書とアカウントのパスワード。それと大事なAppl IDのパスワードが必要です。店頭でデータ移行をしないのであれば1時間半ぐらいをみていれば問題ないとおもますが、データ移行も行うのであれば余裕をもっていくこと。

T-mobileに乗り換えて正解だったのか?

結局乗り換えて毎月の支払額は、3台契約で$140、iPhone 3台分の支払額 $48.67、合計で$188.67となりました。AT&Tでは$195だったので少し下がった感じ。そしてアカウントにクレジットされた残金$411で2ヶ月分は支払いがゼロに、Data通信は無制限、他にも色々とあるので得した感じです。またiPhone XとXSの残高の支払いが$765、クレジットで手元に入ったのが$668となり、$97の持ち出しで3台とも新しいiPhoneに変更できたのでかなり得をしたのでは無いでしょうか?またデータ通信の速度は今のところ差は感じられません。ただ、建物の中や裏オアフへは行っていないので未検証。そして日本での通信もわかりませんが、とりあえず満足です。
ハワイで携帯契約切り替えてる方のご参考になれば….。

スポンサーリンク

読んだらポチッと
お願いします!Mahalo!

ハワイ関連 雑記
スポンサーリンク
Koaをフォローする
ハワイDeハーレー SⅡ

コメント

タイトルとURLをコピーしました