スポンサーリンク

MacOS Catalinaがリリースされたのでさっそくアップデート、そして気になる外付けHDDにiPhoneバックアップの更新をしてみた

インストール画面Apple関連
この記事は約5分で読めます。

昨日、MacOS Catalinaが正式にリリースされたので帰宅後早速アップデートしてみました。
アップデートにかかった時間は2時間半、ダウンロードで1時間、その後のアップデートで1時間30分でした。Wifi経由だったのでダウンロードに時間がかかってしまいました。アップデートは何もすることなく数クリックで終了って感じでした。

スポンサーリンク

MacOS Catalinaへのアップデート手順

アップデート前の準備は特になし。1週間前にタイムマシーンでバックアップを取っていたのでそのままアップデートすることにしました。

システム環境でアップデートを行います。ファイルはMacbook Air使用で表示されているのは8.09GBです。

Update Nowをクリックするとダウンロードが始まります。予測時間は31分 とありましたが実際は1時間弱かかってしまいました。Wifiではなくケーブルをつないでやるべきでした。

ダウンロードが終わるとセットアップの画面が現れ、画面下のContinueボタンをクリック、使用に関する承諾ボタンを何も考えずクリック、再度確認のポップアップが、これも何も考えずクリック。これでやっとアップデートが始まります。

アップデートが始まったと思ったら、今度はインストール先の確認、これもそのまま何も考えずクリック。すると今度は最近使ったアプリが対応していないので後でアップデート版をインストールし直せとのメッセージ、これも何も考えずContinueをクリック。するとまたポップアップ!今度はパスワード認証を求められます。ここは指紋認証で完了。これでやっとアップデートが始まる。

またポップアップ。これが最後の確認。
”バックグランドで開いているアプリを閉じますよ”の確認。
これも何も考えずにCloseを選択。やっと始まりました。
予測時間の表示は30分程度とありましたが、1時間半かかり無事終了。

MacOS Catalinaへのアップデートが終了したら次は

セットアップが終了すると、Find Myアプリの説明画面が現れます。これはMac機器を探すと友達を探すアプリが統合されたことに関する説明でした。ほとんど読まずにContinue。次にAnalyticsの説明、これはMac OSで問題があった場合にそのデータを開発者へ送るかどうかの選択画面、選択せずにContinueクリック、最後にScreen Timeの設定画面が、これも何も考えずContinueをクリックし設定終了です。

設定が終了するとやっと画面が現れます。
ぱっと見ると違いは何も分からないですね。でもドックの中に新しいアプリアイコンが増えていました。
Music、PodCast、Apple TVが勝手にドック入りでした。

何が新しくなったかは詳しく見ていませんが、リマインダー、メモアプリが使いやすそうになったみたいです。どのように変わったかはこれからじっくりと見て行くことにして、今回の一番の目的iPhoneのバックアップはどうなったかです。

MacOS Catalinaになって気になるiPhoneのバックアップは

今回のMac OSのアップデートでiPhoneバックアップ方法がどのようになるのか?これが一番気になったところです。MacBook AirのHDD容量が少ないので外付けHDDに3台のiPhoneをバックしています。これがそのままなにも手を加えずできるのか?新たに設定をし直さなければいけないのか?またどこからバックアップをするのか?です。iTunesが廃止になりどのアプリからできるのか一番気になるところです。早速Musicアプリを起動しバックアップ、それらしい機能は見つかりませんでした。で、Finderでそれらしいアプリを探そうとみていると….見つけました!

Finderの左下にあるLocationsにiPhoneと外付けHDDのアイコンと名前が表示されています。
iPhoneのアイコンをクリックすると、見慣れたバックアップのメニュー画面が、早速バックアップ。何も問題なくいつもと同じように完了。外付けHDDのファイルの更新時間を確認するとちゃんと更新されています。何も設定をし直す必要もなくiPhoneのバックアップができることを確認し終了です。

最後に

今回の作業は3.5時間、iPhoneのバックアップ確認までにかかった時間です。
新しくなったMacOSについては夜遅くなったこともありほとんど見ていませんが、メモアプリとリマインダーアプリは使いやすそうな感じでした。それからFind MYもすっきりした感じで分かりやすいようです。ただ、OSのアップデートに伴い対応できていないアプリがどうなるかちょっと気がかりです。それといろんなところでセキュリティー認証を以前より多く求められる場面が増えたなっというのが第一印象です。あれっこんなところでセキュリティー認証求められたっけ…てな感じです。使っているMacBook Airには指紋認証があるので苦にはなりませんが、ないとめんどくさくなるかもしれませんね。でもセキュリティーが強化されているという実感は出ますね。アプリを色々と入れて使っているのであればアップデートはもう少し待った方がいいかも….。

コメント

タイトルとURLをコピーしました