スポンサーリンク

ツーリング中ハーレー故障、レッカーを呼んだはいいけれど大丈夫?

・ツーリング
この記事は約2分で読めます。

週末、久しぶりに友人と予定していたツーリングに行きました。
天気もよく交通渋滞もないようでツーリング日和になるはずが大変な1日となりました。自宅から空港近くの集合場所へ出発、この日はみんなテンションも高く張り切って今日はいっぱい乗るぞと勢いよくスタート。
ルートはコオリナに行き折り返して裏オアフへ出てカネオヘ経由で戻る予定。
午前中はカポレイ周辺で昼食をとりいざコオリナへ向けて出発。ところがフィリーウェイを経由してコオリナ出口付近で友人のファットボーイがストップ。
何か前輪をチェックするために路肩に止めて停車状態。とりあえずゆっくりならば走行は可能なようなのでとりあえずコオリナ、ディズニーアウラニホテル近くまで行きそこで再度前輪を確認。
原因は定かではないもののウィールのベアリングが破損しているような音がするとのこと。仕方がないのでゆっくりと走行し空港近くの友人のガレージまで帰ることに。
コオリナから路肩を20マイルの速度で3台のハーレーがノロノロ運転をしてガレージを目指したもの、前輪のベアリングからの音が大きくなり近くのショッピングセンターで再度確認。さすがに前輪は何かあったら危険ということで友人はリタイヤを決心してレッカー車を呼ぶことに。待つこと1時間、やっと来ました。
でもバイクをレッカー移動するには?? 普通のレッカー車だけ? バイクを乗せるトレーラーもなし!どうやって移動するのかだんだんと心配に。レッカーの係員はとりあえずバイクの点検そして作業を開始したので友人を残して一足先にガレージに向けて出発。この日はフィーウェイもすいていて快適。その後30分ぐらい後にレッカー車とともに友人が到着。
レッカー積み下ろし1 レッカー積み下ろし2
どうやってレッカー移動するのか不思議だったんですよね。
レッカー車が到着して納得。こんな方法もあるんだと感心しました。でも普通はバイク用のトレーラーを使いますよね。で、聞いてみるとトレーラーが修理中のためこの方法で積み込んだとのこと。納得しました。普通はこの方法ではレッカー移動しないとのこと。特にハーレーは絶対やらないそうです。傷がついたとかいろいろとうるさいオーナーが多いためとか。
今回は友人が知り合いだったので受けたとのことでした。
時間も中途半端だったのでこの日のツーリングはここで終了し、しばらく雑談してこの日はこれで解散となりました。
ルート
今日のルート

走行距離約66マイル。ちょっと物足りない、でもいい経験でした。
ハワイもだんだんと夏らしくなってきました。これから週末はバイカーが多くなる季節となります。

 

スポンサーリンク

読んだらポチッと
お願いします!Mahalo!

・ツーリング
スポンサーリンク
Koaをフォローする
ハワイDeハーレー SⅡ

コメント

タイトルとURLをコピーしました